重要!!整体やマッサージを習うときに気を付けるポイントとは

整体やマッサージを習う方が習おうと思ったきっかけにはだいたい2つのパターンに分かれます。

ひとつは「マッサージが得意で人にしてあげたら喜んでくれたから」、もうひとつは「自分自身の身体がしんどいときに整体やマッサージをしてもらって気持ち良かったから自分もしたいと思った」というもの。

どちらにしても整体やマッサージを習うことは、手に職をつけることができ、独立開業を目指すこともできるため人気が高い資格のひとつとなっています。

マッサージをすることが好きな方や自分自身が受けて慣れている方は、施術の流れや手技がだいたいわかっているのでスムーズに学習を進めていくことができるでしょう。

「マッサージの担当だった〇〇さんのように相手の体を癒すことができるようになりたい」と目標をもって学習できるので習得も早いでしょう。

整体やマッサージでは、ただたんに手の動きを学習するだけでなく人体構造や接客スキルといった基本的な人間の体を知ることと、新規顧客獲得のための接客スキルやコミュニケーションスキルといったことも学びます。

はじめのうちは、慣れない言葉や動作で思うように学習が進みませんが、コツコツ学習を進めることで確実に身体が覚えて上手になってくるでしょう。

今整体やマッサージを受けることができる店舗が増えていますが、実は「マッサージ」という言葉を使うには資格が必要ということを覚えておいてください。

整体院やリフレクソロジー、ボディケア、カイロプラクティック…と様々なお店の名前がありますが、マッサージという言葉を使える人は「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格を保有している人だけになります。

簡単にマッサージという言葉を使っていますが、あん摩マッサージ指圧師がいないお店ではマッサージという言葉はメニューや施術中にも使うことができません。

整体院やリフレクソロジー、ボディケア、カイロプラクティックといった上記に挙げたお店では、リラクゼーションケアやボディケア、ほぐしといった言葉をマッサージの代用として使っているケースがほとんどです。

中には知らないのか堂々と店舗に「マッサージ」と掲げているお店もありますので少し要注意ですね。

「マッサージ」という行為はできないとしても、リラクゼーション効果を狙ったボディケアとしての施術は身に着けることができます。

ボディケアのスペシャリストである整体師を目指したいという方が増えていますが、整体師になるには専門学校や養成校といった通学コース、自宅学習できる通信コースの2パターンあります。

最近は働きながら、育児をしながら学習したいという方が多く、通信コースの人気が高いようです。

多くの通信コースがありますが、学校によって特色も様々、きちんとした知識や技術を身に着けるためには学習する内容や教材、講師についてしっかりと把握して選択することをおすすめします。

OKANSHA整体スクール通信コースでは3カ月のテキスト、DVD教材での自宅学習で顧客満足度の高い整体師になることを目的にした整体師養成の通信コースです。

OKANSHA整体スクール通信コースのおすすめポイントは少人数制なのできめ細かいサポートを受けることができるということ。

多くの通信講座では、テキストや教材だけで独学というところが多いですが、月に1回セミナーが開催され、講師により実践的なスキルを身に着けることができます。

学習中のサポートも充実し、メールやSkypeなどを使っていつでも疑問を解消したり、整体師をなったあとも顧客獲得のためのフォロー、チラシ作成やホームページ作成のサポートを受けることができます。

「整体師になったらハイ終わり」ではなく、日々知識や技術を磨いていかなければいけません。
OKANSHA整体スクール通信コース卒業後はOKANSHAメンバーとなり、卒業生同士で情報交換を行うことができますので仲間がいるということは心強いですね。

誰かの癒しになれるような整体師を目指しましょう。

 

【評判はいい?悪い?】OKANSHA整体スクール通信コースの評価や口コミまとめ