【高い?安い?】整体学校の授業料はどのくらいかかる?

独立開業を目指せる整体師になりたいという方もたくさんいらっしゃいますが、整体学科校の授業料など費用はどのくらいかかる?と気になりますよね。

整体師になるには、整体学校に通って知識や技術を身に着ける方法、整体院へ就職し実践的に身に着ける方法があり、整体院へ就職しながら学ぶ方法では収入を得ながらですので整体学校へ通う費用がない方に向いています。

しかし、実践だけでは人体構造や施術に関しての基礎知識を身に着けることができず、自己流の施術となってしまうデメリットがあります。

より確実に知識と技術を身に着けて整体師を目指したいという方は整体学校で学ぶのがおすすめです。

整体学校の費用には入学金、授業料、教材費がかかりますが、整体学校によって費用はピンキリ。

高い費用をかければ顧客獲得率の高い整体師になれるの?というとそうではありません。

費用が授業料や内容に見合っているか、卒業後のサポートはあるのかどうか、卒業後整体師として活躍できるかどうかということがポイントになってきます。

整体学校によって個別性を出すために、実績の高い講師の授業があったり卒業後のサポートが充実し様々ですが、費用以上のサポートが高い整体学校を選ぶ必要があります。

整体師として将来的に独立開業を目指す場合は、整体学校への入学金から独立開業に至るまでのコストを考えて将来設計してみましょう。

 


例えば…

〇大学で学ぶ場合:約670万円

〇整体学校など専門学校や養成講座で学ぶ場合:約50万円~約350万円

大学に比べると学ぶ期間も短く最短4カ月から整体師認定証を取得できる講座もあり費用も抑えることができます。

在学中サポートは無料だけど卒業後は有料といった整体学校もありますので、要チェック。

整体学校へ通うためには通学以外に通信コースを用意しているところもあり、通信コースだと通学に比べ、より費用を安く抑えることができます。

ただし、整体師という仕事上人の体に直接触り施術しますので、在宅学習だけではなくセミナーを開催している学校、実践指導を受けることができる学校、サポートの充実している学校を選ぶ必要があります。

通信コースはいつでも好きな時間に学習でき、費用も安いので働きながら将来的に整体師を目指したい方にぴったりですが、実践で学ぶ方に比べると技術や知識の応用が充分でないことがデメリット。

頭には知識があるのに、いざ現場に出るとイメージとは異なりできないこともたくさん出てきますので、学んだことが実際の現場で活用できるためには、実践の場を提供してくれる通信コースで学ばなければいけません。

カリキュラムやセミナーが充実し、就業実績のある整体学校を選んで、整体師としての一歩を踏み出しましょう。

 

【評判はいい?悪い?】OKANSHA整体スクール通信コースの評価や口コミまとめ